7時と11時のあいだ

セブンイレブンのあれこれを紹介していきます

※このサイトはアフィリエイト広告を掲載しています。

セブンイレブン「もちもちチョコブレッド」は〇〇が無いので好感が持てる|各コンビニとの比較も

セブンイレブン「もちもちチョコブレッド」 のレビュー。

税込118.80円
260kcal

タイトルの〇〇の答えは「人工甘味料の使用」です。

ローソンにも似たようなパン「もっちチョコパン」があります。

残念ながらローソンの商品には人工甘味料が使用されています。 しかしセブンイレブンの「もちもちチョコブレッド」は 人工甘味料を使用していません。 この点に好感が持てます。

加えてセブンイレブンの方がサイズもおおきくて嬉しい。

さらに商品名の通りもちもち感がたまりません。 少し温めたらさらにもちもち度がアップして美味しいですよ。

また買いたい。

 

【追記】Cycle.me(サイクルミー)の「もちもちブレッドチョコ」についてはこちらの記事を参考にしてみてください。▼

iikibun711.com

【もくじ】

商品の詳細

セブンイレブン「もちもちチョコブレッド」

▼原材料 ・カロリー

ローソンにも同じようなパンがあります。 「もっちチョコパン」です。 しかしこちらには人工甘味料が入っています。 セブンイレブンの「もちもちチョコブレッド」に関しては人工甘味料は不使用で好感が持てます。

▼断面図

綺麗なマーブル。
感想の項目でもお伝えしますが、このチョコレートが甘さ控えめで絶妙なんですよね。

感想

冒頭でも触れましたが温めると美味しい。
電子レンジで600Wで10秒くらい温めてみたところ もちもち感アップでまるで餅。 ※600W10秒以上やるとふにゃふにゃになるので注意。

めちゃ好みな食感となりました。 そのまま食べても十分美味しいですけどね。

全体的に甘すぎない点も魅力。
ビターなチョコだからしつこくない。 だからどこまでもむっしゃむっしゃと食べられちゃうんだよなあ…。

量も十分、ケチらないボリューム。
ローソンの「もっちチョコパン」は小ぶりサイズで税込み119円だけどセブンイレブン「もちもちチョコブレッド」は税込118.80円

(※2023年11月「もっちチョコパン」は税込み127円となっていました…)

▼ローソンの「もっちチョコパン」 

絶対セブンイレブンのほうがお得です。 コスパ高いです。

というより人工甘味料の使用が無いセブンイレブンの「もちもちチョコブレッド」をこれからは買います。

ちなみにもちもち系チョコパンはファミマにもあります。「もっち歩き(チョコ)」(税込118円)です。こちらにも残念ながら人工甘味料の使用があります。

各コンビニのもちもちなチョコパンまとめ・比較

各コンビニのもちもちなチョコパンをまとめるとこう▼


★セブンイレブン「もちもちチョコブレッド」 税込118.80円 人工甘味料無し

★ローソン「もっちチョコパン」 税込み127円 人工甘味料アリ

★ファミリーマート「もっち歩き(チョコ)」 税込118円 人工甘味料アリ

まとめ

セブンイレブン「もちもちチョコブレッド」 税込118.80円 260kcal

  • 人工甘味料の使用なし
  • 全体的に甘すぎない仕上がり
  • 満足できるボリューム

 

総じてコスパ最高なパンです。リピします。